大切なものあなたにとどけます 萩市弥富の かものはら果樹園です 

林檎、柿、ぶどう、プルーン、無農薬米、不耕起栽培米など、安心して食べられる農産物を作っています

プルーン出荷中

【2012/07/16 15:21】プルーン | TRACKBACK(4) | COMMENT(5)

 今年も早生のプルーンが熟れてきた。萩しーまーとに出荷している。昨日は、宇部からわざわざ畑までプルーンを採りに来られた。
 畑で完熟プルーンを食べた人は、すぐに虜になってしまう。

top>>

【 秘密のコメント 】

【2012/07/22 09:01】 URL | [ 編集]

ブログ管理人への秘密コメントです

top>>

【 ダニが増殖 】

【2012/07/27 04:48】 URL | B4 [ 編集]

こんにちは、

今 ナミハダニの話題で、我が地区は賑やかです。
父親が管理する園は、剪定が甘く通気が悪い典型(切れない性質)で、30%ぐらいがやられていました。
おそらくコロマイトを1日に散布してからの日照りで、10日〜20日の間に繁殖したのでしょう。
この間親父は毎日畑に出ていますが、気づいていません。

23日に私が夕方見回り気づいたので、24日早朝出勤前に3時起きで散布しました。
キノンドー、ロディー、カネマイトです。

25日朝、付近の農家の人と話をしましたら、ダニについては5月から警戒していいて、共同防除でもスターマイト、コロマイトを6−7月で使用したが、おさまらない=ナミハダニ。
困ったものだ・・・ということです。

この辺りは同時進行で私も認識していましたので、ピラニカ、コロマイトを使用してきたのですが、まず、問題が出易い親父の園が警告となりました。

今朝はこれから、キノンドー、ロディー、ダニゲッターで、まだほとんど葉がやられていない残りの園を散布します。

残っている良い葉を守ることを、9月中旬まで専念となります。

これだけ、高温で雨が降らないパターンとは誰も予測しませんでした。

止め消毒のボルドーを8月末か9月頭にと思いますが、褐斑病がフジにでており(親父の園)、この天気が続くなら、一般薬で進めようと思います。

気温が下がり傾向で、雨も降るならボルドーとします。

乾燥しすぎますし、ダニ問題もおさまるかどうかという観点からも。

top>>

【 秘密のコメント 】

【2012/07/29 18:25】 URL | [ 編集]

ブログ管理人への秘密コメントです

top>>

【 秘密のコメント 】

【2012/09/11 14:50】 URL | [ 編集]

ブログ管理人への秘密コメントです

top>>

【 リンゴの木さんへ 】

【2012/09/22 08:16】 URL | みやきん [ 編集]

 リンゴの木さん、コメントありがとうございます。ドイツでの回生の様子を知り、安心しました。ドイツで柑橘は難しいでしょうね。北海道より緯度が高いはずです。こちらは山口県のなかでは寒冷地です。雪も降ります。日本海のすぐ近くでは積もることはないのですが、内陸に12キロ入っているため寒いですよ。でも長野や東北と比べると断然暖かい。リンゴの糖度は、気温が高いほうが上がります。しかし着色が進まないのですよ。それと蜜入りがすくないのです。まあ食べて美味しければそれでよしです。シナノスイートという品種がそろそろ出始めます。

top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/07/15 05:00】

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/18 09:05】

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/20 09:58】

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/20 10:02】

top>>

| BLOG TOP |