大切なものあなたにとどけます 萩市弥富の かものはら果樹園です 

林檎、柿、ぶどう、プルーン、無農薬米、不耕起栽培米など、安心して食べられる農産物を作っています

ミツバチが少ない

【2012/05/19 10:37】林檎 | TRACKBACK(1) | COMMENT(1)

2012年の林檎の花

 今年の林檎は、ふじの花がとても少なかった。おまけにミツバチが極端に少なく、受粉も十分ではなかった。摘果の時期になったが、本当にまばらにしか着果していない。
 ミツバチの少なさは、近くのゆず農家でも確認されている。気温や風などの自然の影響があるのも確かかもしれない。しかし、ネオニコチノイド農薬の影響を疑わざるを得ない。
 わが かものはら果樹園ではネオニコチノイドは昨年からやめた。田んぼには一切使っていない。しかし、無人ヘリの空中散布に始まって、果樹でも連用するぐらいに、殺虫剤といえばネオニコチノイドというぐらいに散布する量はどんどん増えている。
 ネオニコチノイドをやめたわが園では昨年、セミ被害がたくさん出た。リスクを犯して私のところだけやめる異議があるのか葛藤するが、やはり、散布したくない。
 今年も前途多難。

top>>

【 ミツバチ 】

【2012/05/30 06:47】 URL | B4 [ 編集]

こんにちは。

5月11日以降の観察でも個体数は少なかったのですか?

冬の厳しさ、日本海側の降雪量や雨の多さで不順なことも関係しているとは思います。

こちらも、5月1日満開後に雨がちでした。
満開前後のハチの数は昨年よりも少なかったです。
昨年の満開は5月5日〜8日で蜂はブンブン飛び回っていました。
5月10日から雨がちで良くありませんでした。

今年は、各畑に少し置いている葦の巣に蜂は早くから来ていました。
踊り子草やオオイヌのフグリの少ない蜜を日本ミツバチが集めていました。
その後5月の満開中に少ない蜂が飛んでました。
りんごの花芽は多く現在受粉着果量も多いです。
ただ、実の大きさはマチマチ・・・開花が早いものから遅い物まで多様でバラバラだったのでしょう。

天候不順にネオニコで追い打ちをかけていることが想像できます。

top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/18 09:54】

top>>

| BLOG TOP |