大切なものあなたにとどけます 萩市弥富の かものはら果樹園です 

林檎、柿、ぶどう、プルーン、無農薬米、不耕起栽培米など、安心して食べられる農産物を作っています

秋映の収穫

【2009/09/26 09:22】林檎 | TRACKBACK(3) | COMMENT(2)

 秋映の収穫をしました。少し早めですが、味がボケる前に出荷するほうが確実と思い、出しました。もう少しありますが、まだまだ木が小さいので、実も小さく数ばかりです。木が大きくなれば実も大きくなると期待しています。もうすこし勉強します。この春、10本苗を新たに植えています。

秋映090923

top>>

【 農業新聞 】

【2009/09/26 08:48】 URL | B4 [ 編集]

収穫おめでとうございます。 なるほど葉っぱが白いですね。
味はいかがですか?
私は秋映は味が強いので、良いと思います。
紅玉を思わせる酸味+強い甘みが50:50ぐらい。
大きくしすぎなければ つがる的な大味は顔をだしません。

10本の苗・・・5年後ぐらいに本格的になりだすと楽しみですが、枝吊りに忙しくなりそうですね。

昨日と今朝は共同防除の一斉散布をしています。
我が家はやりません。
フジの玉に輪紋病で円形に腐っているものが、昨年より多い気がします。
色付きは昨年より早めに推移です。 日陰に反射シートを敷き始めました。
葉摘みを早めに強く始める人の園は、反射シートは敷きません。 

農業新聞の記事ですが、豚肉は価格下落したままで政府買い上げ保管だとか。
青森のつがるも生育が早く出荷調整なのですね。
市場においては、消費減退からか農産物の物余りということでしょうか。
08年産国産大豆も、世界穀物相場の急上昇で昨年引き合いが強くなった国産需要も、相場下落により今は緩んでいるようです。

世界的増産で潤うのは、種苗・農薬・化学肥料関連。
90億人なんて地球自然環境は支えられないでしょうけども。
ttp://www.nougyou-shimbun.ne.jp//modules/bulletin/article.php?storyid=3103

甲信越の記事に、シナノドルチェが つがるとシナノスウィートの間を埋める期待種・・・とありますが、秋映をスルーしているのは?です。
ドルチェはその酸味が特に山間地で強くなるということで、長野北部でもかなリ辞めているそうですし。

top>>

【 ドルチェ 】

【2009/09/28 07:05】 URL | みやきん [ 編集]

 b4さん、秋映もまだ木が小さいので、味も若いですね。もう少し年数がたつといい味になると思います。
 増産で価格が下がるのは仕方ないかもしれませんが、どこかで誰かが仕掛けていることも考えられます。
 シナノドルチェは、県外では苗が買えません。買って食べたこともありますが、インパクトにかける味でした。ツガルとシナノスイートの間なら、秋映で十分ですね。こちらではスイートとふじの間をどうつなぐかということが問題です。なかなかいい品種がありません。
 ところで「あずさ」を植えていますか。早生ふじの仲間ですけれど、色のりもよく味もそこそこいけています。接木をして増やしていますが、どうなるか。面白い品種ですね。

top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/17 20:02】

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/20 10:08】

-

管理人の承認後に表示されます

【2013/08/20 10:23】

top>>

| BLOG TOP |