大切なものあなたにとどけます 萩市弥富の かものはら果樹園です 

林檎、柿、ぶどう、プルーン、無農薬米、不耕起栽培米など、安心して食べられる農産物を作っています

今年のリンゴ防除結果

【2010/09/23 17:24】林檎 | TRACKBACK(2) | COMMENT(2)

 今年はもう薬剤の散布はしません。そこで、今年のうちのリンゴ防除の記録をお知らせします。防除暦とはかなり違います。回数も使用農薬もかなり少なくなっています。
紅玉09年のもの

4月28日 殺虫剤アタブロン   殺菌剤デランフロアブル

       選挙のため、3月4月は全く管理できていません。

5月15日 デランフロアブル(菌)

6月02日 モスピラン(虫) デランフロアブル(菌) コテツ(ダニ)

6月16日 ICボルドー412(33倍 菌) アビオンE固着剤

7月7日 サムコルF(虫) ICボルドー(33倍 菌) カーラフロアブル(ダニ) アビオンE

7月21日 ユニックス(菌)

8月17日 ベルクートフロアブル(菌)

9月1日 ユニックス(菌)

9月10日 ICボルドー(100倍 菌) 


 以上です。8月のはじめに、ボルドーをもう一回やっておけば良かったかと思っています。
 ただそのせいか、ダニの発生が6月の初期に比べるとうんと少なかったのが特徴でした。
 8月17日はベルクートよりユニックス入れて、9月のはじめにボルドーで終わるほうが良かったのかもしれません。 

top>>

最後のボルドー液散布

【2010/09/11 06:54】林檎 | TRACKBACK(2) | COMMENT(3)

 昨日10日、石灰ボルドー液を散布しました。製品名ICボルドーです。かっぱん病と思われる落葉が止まらないので散布しました。
 ユニックスを散布したのが9月1日ですから10日後ですね。本当はこれが効いているのかもしれません。感染してどうにもならなくなった葉が落ちているだけで健全な葉には、保護効果、治療効果が出ているのかもしれません。
 しかし、これ以上の落葉を避けたいと思い、ボルドーを散布しました。しかし、この時期ですから、濃度を薄くしました。本来20倍から50倍の希釈濃度ですが、今回は100倍としました。在庫がなかったというのが一番の理由ですが、収穫期に入る中で、濃いものはボルドーでも控えるのが良いかと思いました。パラフィン系の固着剤アビオンは500倍で加えています。

top>>

台風はたいしたことなかった

【2010/09/09 07:00】日記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)

 台風9号が日本海の沖を通過。しかし、風は少々吹いたものの影響はありませんでした。逆に、久しぶりにまとまった雨をもたらしてくれて、ありがたかったですね。気温も一気に下がって、真夏から秋に一足飛びに移りました。
 ライスセンターを稼動し始めました。私はなかなか作業ができませんが、何とか始めています。いま乾燥機に1件目が入っています。

top>>

落葉が止まらない

【2010/09/07 07:55】林檎 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)

 落葉が止まりません。かっぱん病と思われますが、葉が黄色くなって落ちていきます。

top>>

早生はま何とか 次はシナノスイートまで カッパンが

【2010/09/04 16:37】林檎 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

 猛暑です。雨が降りません。8月中旬から、かっぱん病の黄色い葉がちらほら見えていました。8月17日にベルクートフロアブルをかけましたが、2週間抑え切れませんでした。とうとう、9月1日2回目のユニックスドライフロアブルをかけました。2000倍液を通常3000リットルのところ5000?散布しました。最低速での散布です。その結果はまだ十分確かめられていませんが、落葉が止まったような感じです。

 もう一度ボルドーを薄めに散布しようと思います。

 シナノレッドは、今年は色づきが悪かったのですが、あっと言う間に売切れてしまいました。味は、夏リンゴのさわやかな酸味がきいて、結構いけました。

 つがるはまだ育成中なので、10個だけできました。味は良いのですが、着色に問題ありです。

 それは次のうちの主力のシナノスイートも同じです。夜の気温がなかなか下がらないので、着色がすすみません。明日あたりから、夕方水を散布して温度を下げてみようかと思っています。

 しかし、春のヒヨドリ被害は意欲を大幅にそいでいます。富士が中心の被害でしたが、早生ふじのあずさも壊滅的でした。まあこれは人間被害も大きかったのですが。(私が接いで順調に育っていた枝を父が全部切ってしまいました。そねえなもんがあったかいのと)

 かっぱん病のひとつの原因は、草刈にあります。私が草を刈るな刈るなといっても、昔の百姓の父は、ずっと草刈ばかりです。

 虫がいれば薬をかけろ、病気なら薬をかけろという状態です。小さいビニルハウスの中でつくっているブドウにカイガラムシがついてしまい、収穫間際というのに、マシン油乳剤をかけてしまいました。水をかけても取れません。べとべとしたままでは、売り物になりません。マシン油ですから人間に影響は少ないとはいえ、収穫を台無しにしてしまいました。

 息子の私のいうことは聞きませんので、こんな事がしょっちゅうあるわけです。

 シナノスイートの収穫時期は、紅玉の時期でもあります。昨年ジャムを作ったら大好評でしたので、今年もやってみます。

top>>

| BLOG TOP |