大切なものあなたにとどけます 萩市弥富の かものはら果樹園です 

林檎、柿、ぶどう、プルーン、無農薬米、不耕起栽培米など、安心して食べられる農産物を作っています

田植え終了 6月13日

【2012/06/15 14:44】未分類 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0)

 6月13日に苗代の田植えをして、今年の田植えを終了しました。いつもながら思うのは、ポット苗は一流、田植え機は三流です。


 みのるのポット式苗は、とても活着がよく、良い苗が出来ます。しかし、田植え機は最低です。

 たとえて言うなら、「お嬢さんみたいな田植え機」です。何から何まで条件をそろえてやらないと、まともに植えつけてくれないのです。

 まず苗箱から下に伸びた長い根は、短くしなければいけません。田んぼは、代掻きを念入りにしておかねばなりません。曲がった田んぼでの植え付け制度は期待できません。車輪の幅が広くて、田んぼへの出入りに気を使います。トラックなどへの乗せ降ろしは、すごく危険です。3輪なので橋が3つ要ります。まっすぐに登りません。
 操作の手順がおおく、抜けると確実に植えつけません。

 山間地の山田の深い田んぼでは、車輪が土を起こして、せっかく植えた苗を埋めてしまいます。曲がっていると特にそうなります。深く代掻きすればといっても膝まである田んぼを起こすと後で難儀します。歩いて入れなくなりますから除草が出来ません。
 操作の手数も多くて、ストレスがたまります。

 クボタの田植え機も持っていますが、こちらは田植えをすると爽快な気分になるほど、順調に早く植えつける事ができます。角の上の腰も全くありません。この操作性はすばらしいものです。滅多に不具合も起きません。

 みのるのポット苗を植えていくシステム理論はすばらしいと思います。逆にその分田植え機はメカニックが勝ちすぎということがネックになります。複雑なので故障や不具合が多く発生します。田んぼの中で不具合が生じると、ストレスがどんどんたまっていきます。

 これが「みのる」から大手メーカーに変わっていく理由だと思います。

 それでも無農薬栽培をするならポット苗という魅力が、このお嬢さんみたいな田植え機を使う理由です。

 

 
 
 

top>>

早生プルーン収穫 今年はうまい

【2011/07/26 14:12】未分類 | TRACKBACK(7) | COMMENT(4)

 早生のプルーン収穫しました。萩しーまーとに出荷します。

 今年のプルーンはうまい。

 鉄分、カリウムが多く、妊婦さんなどには喜ばれています。貧血が改善したと言う人もいます。

 果樹園に直接こられる方は、連絡ください。プルーンの本当の美味しさは樹上完熟でしか味わえません。

top>>

雪ばかりの1月から暖かい2月に 剪定すすまず

【2011/02/08 09:50】未分類 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)

2011今年1月は雪ばかり

 年末の雪から始まり、元旦から1月は連続的な雪でした。30日にも、まとまった雪で、果樹園の下はずっと白いまま。
 2月にはいって暖かくなり、今ようやく畑の土が見えてきました。剪定は遅れています。1月は手付かず、2月も外での仕事が多く前に進みません。3月は定例議会のためずっと外出です。このままでは終わりそうもありません。焦っています。

top>>

バラの香りのローズハスク出荷しました シナノレッドは完売

【2009/08/29 10:15】未分類 | TRACKBACK(15) | COMMENT(0)

 バラの香りがするリンゴ ローズハスクを出荷しました。萩しーまーとで売っています。
 バラ科のリンゴでバラの香りがする実が作り出されたということで、1本植えてみました。これが豊産性。テニスボール程度の大きさですが、とても独特の香りがします。車や玄関、リビングにおいているだけで、ほのかに香るリンゴです。ひーリンぐアップルかな。
ローズハスク0908


 極早生のシナノレッドは、完売しました。ツガルを植えていますが育成中。津軽ができれば、シナノスイートにつなげて、12月までリンゴが出荷できることになります。

 シナノレッド→サンサ・ローズハスク→つがる→シナノレッド・紅玉・新世界→王林など→ふじ


 8月10日にボルドーを散布しました。やっと晴れた夏。しかし、一度かかった褐斑病は治りません。どこで止まるか。落葉が続いています。もう一度、ユニックス剤を入れるべきかもしれません。


top>>

4回目のりんご防除 しました

【2009/05/16 11:15】未分類 | TRACKBACK(4) | COMMENT(0)

 今年4回目のりんご防除をしました。前回と同じようにデランフロアブル剤です。これに固着剤アビオンEとカルシウム保護剤のセルバインを混和して散布しました。
 5月の防除は大事なんです。うちのあたりで一番怖い褐斑病が感染する時期です。雨前に保護剤をかけて土から舞い上がった胞子が侵入しにくくするわけです。前回の防除の後、すぐに草刈をしてしまい、その直後に雨が降りました。今日から雨でしばらく天気が悪いという予報があったので、昨日急遽防除をしました。雨が続く予報だったので、固着剤を添加しました。
 今の「ふじ」の様子は写真のとおりです。ビー玉ぐらいですね。
5月15日 ビー球のおおきさ

top>>